ついに登場!!スマホで出来るオンラインカジノ『ベラジョンカジノ』!!

網膜剥離 レーザー手術

網膜剥離のレーザー手術。手術そのものの時間は、5分程度でした。
ただ、5分とはいえ、実感としては10分程度かかったような気がしました。

手術中は、ピカピカって光るたびに、軽い痛みを感じましたが、それほど気にmなりませんでした。ただ、こういうのは個人差があるので、人によっては、痛いと思う人もいるかもしれませんが。

手術そのものはすぐに終了するので、いわゆる日帰り手術です。しかし、手術前に、瞳孔を開くための目薬をさし、そのあと、麻酔の目薬をさす必要があるので、受付から会計までの時間としては、約1時間ほどかかりました。

費用としては、片目で35000円から40000円ほど。

ですが、医療保険に加入しているのであれば、日帰り手術とはいえ、保険給付対象になる可能性があります。


ほけんのぜんぶ

病院の説明でも、医療保険の保険料が入るので、実際には黒字になる人のほうが多い、とのこと。

レーザー手術の終了した後、一週間後にもう1回眼底検査を受ける必要があります。そのあとも、継続して、術後の様子を診るために受診する必要があるようです。

あと、忘れていけないのが、手術後や眼底検査のあとは、視界がぼやけているので運転はできない、ということ。その時間も、5~6時間と長いので、手術や眼底検査のあとは、家でおとなしくしているしかない状況です。

まとめると、網膜剥離のレーザー手術は日帰り手術でできます。費用は、片目で35000円から40000円ほどですが、医療保険の対象になる可能性があるので、手術したほうがいいですよ、ということです。

参考になれば、幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする