ついに登場!!スマホで出来るオンラインカジノ『ベラジョンカジノ』!!

統合失調症とは

統合失調症とは、「こころや考えがまとまりづらくなってしまう病気」です(統合失調症|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省 から 引用)。

特徴的な症状は、幻覚と妄想です。

幻覚の中でも、幻聴が多くみられるようです。そのため、周囲から見ると、ブツブツと独り言を言っている、(実際にはないのに)悪口を言われたと被害を訴える、話がまとまらず支離滅裂になる、他の人と関わらず一人でいることが多い、といったことがあるようです。

また、統合失調症|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省 によると、

——————————
認知機能の障害:

日常生活における理解力が低下したり、記憶力が低下して、社会生活における問題解決能力が低下します。

会話や行動の障害:

話にまとまりがなく、何が言いたいのかわからない・相手の話の内容がつかめない
作業のミスが多い

意欲の障害:

打ち込んできた趣味、楽しみにしていたことに興味を示さなくなった
人づきあいを避けて、引きこもるようになった
何もせずにゴロゴロしている
身なりにまったくかまわなくなり、入浴もしない

感情の障害:

感情の動きが少なくなる
他人の感情や表情についての理解が苦手になる
——————————

今回、なぜ、統合失調症のことを書いたか、というと、妻が、不登校の長女が、統合失調症ではないか、と言い出したから、です。

妻が調べた感じでは、長女の症状と似ている箇所がある、と。

確かに、長女は、夜、寝室で部屋の天井付近の角のあたりをよく見ます。また、食事の時も、リビングの扉の上部辺りをジッと見ていることがありますし、何かを目で追っている時もあります(何を追っているのか、視線の先を見ても、私たちにはわからないです)。

また、先ほど引用した、「人づきあいを避けて、引きこもるようになった」「何もせずにゴロゴロしている」も該当するといえばそうなのかもしれません。

ただ、長女は言葉を話せません。こちらの言ったことはわかっているようですが、長女の返答してわかるのは、手合わせをして叩くことくらい。そのため、怒ったり泣いたりしても、なぜ、そうなのかがわからないことのほうが多いのです。

なので、妻の言う、統合失調症なのかどうか、というのは、私は半信半疑です。

児童精神科に定期的に通って(といっても、長女は診察を受けられないので、もっぱら妻が問診を受ける形ですが)いるので、一度、診察(その方法で診察になるのか疑問もありますが)を受けてみる必要があると思っています。



顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする