ついに登場!!スマホで出来るオンラインカジノ『ベラジョンカジノ』!!

タイヤパンク

休日出勤をした際、帰り支度をしていたところ、職場の方から、タイヤのパンクを教えていただきました。

見ると、確かに運転席のタイヤの空気圧が、ほかのタイヤと比較すると明らかに少ない。

以前ガソリンスタンドに勤めていたという職場の方の話では、このまま走ったら空気がドンドン抜けてバーストするよ、とのこと。実際、タイヤの空気を入れる部分を横に傾けるとシューっという音がして、明らかに空気が漏れているのがわかります。

幸いにも、私の載っている車にはスペアタイヤが搭載されていたので、さっそくタイヤを交換。

ただ、スペアタイヤも片べりがひどく、タイヤの下のゴムが露出している状態。それでも、今履いているタイヤで帰るよりもマシ、とのことだったので、その片べりしているタイヤで、ゆっくりと走って帰宅しました。

タイヤの片べりがひどく、交換が必要なのは承知してました。しかし、いずれスタッドレスタイヤに交換するので、それまではこのままだましだまし乗ろうと思っていたのですが、考えが甘かったようです。

バーストしてからでは遅いので、タイヤのゴムがすり減っていると思ったら、早めに交換しないとダメですね。