ついに登場!!スマホで出来るオンラインカジノ『ベラジョンカジノ』!!

デスクライトのおすすめ

ズバリ、デスクライトのおすすめは、BALMUDA The Light。

とはいうものの、バルミューダ の商品は、高い、です。このデスクライトは35,000円以上ですし、トースターですら、2万円越え。

なので、私自身は、バルミューダの商品は持ってません。だけど、なんだか気になる商品なんですよね。だから、ついバルミューダの商品だと知ると、どんな商品かチェックしてしまうんですが。

実際、バルミューダのバルミューダ ザ・ライトは、代表の寺尾玄さんが、お子さんが机に向かう姿から思いついた商品だそうで、その点からも子供に対する思いやりを感じます。

そのため、バルミューダ ザ・ライトは、前かがみになても、手元が暗くならないように設計されているそうです。また、LEDも通常のLEDと違い、本物の色がわかる太陽光LEDを採用しているとのこと。そのため、ブルーライトの波長が半分に抑えられているそうです。

太陽光LED自体が高価なため、 バルミューダ ザ・ライト も高価になってしまったようですが、子供の視力を守るための投資と思えば、安い、といえるかな?

また、最近では、 パソコンやスマホなどのブルーライトの目への影響がニュースになったりしてます。実際には、ブルーライトによって、失明するといった影響はないようです。しかし、紫外線の影響などで、ブルーライトカットのメガネがないと生活がまともにできなくなったという知人がいます。

その知人は、 瞼裂斑(けんれつはん)という目の病気になったのですが、その病気になってから、 パソコン、テレビ、LED照明、太陽などが、目が痛くて見れなくなったそうです。

しかし、仕事が事務仕事なのでパソコンを使うのが日常業務。そのため、データ入力などは他の人に代わってもらい、 ひたすら電卓で、紙の伝票処理や、記載漏れのチェック、とにかくブルーライトから離れた生活を しているそうです。

そんな状況では、普段の生活もままならないので、ブルーライトカットメガネを色々と探したそうです。

その結果、たどり着いたのが、

知人は、JINS、Zoffなどのブルーライトカットメガネも試してみたそうですが、効果がなかったそうです。特に、 JINSのブルーライトカット率60%には期待していたそうですが、ダメだったとのことでした。

そんな状態なので、当然自力で入力などはできないので、音声入力で 「ブルーライト100%カットメガネ」と叫んで たどり着いたのが、ザ”サプリメガネ

それまで、すでに4万円以上ブルーライトメガネに費やしていた知人にとって、なんとなく怪しげに見え、実際、購入しようか迷いがあったそうです。しかし、そのサプリメガネをパソコンを使うときだけの用途であれば、ほとんど気にならないで作業できるそうです。

というわけで、ブルーライトカットのメガネなら、ザ”サプリメガネ

おすすめです。